チタンが変色した?原因の正体はバリア『皮膜形成剤』

チタンが変質することはないはずなのに、変色して見えるのは、ものに不着したバリアと視覚のメカニズムのせいです。
金属の表面に異物、たとえばファンデーションを触った指が触れただけで、物質に当たる光の反射は変化します。テレビ画面に指紋がちょっとついただけで、画面の見え方や色までもが変化するのと同じように、スマホの画面も手のあぶらがべたべたついていると、色調を変化させ、画像が変わって見えます。目をじーっと凝らさず見るか、まじまじと見入るかでも見え方は変わるのです。テレビ画面は目立ちますが、日常のあらゆるものに光が当たり色が見えているのを私たちはあまり気にしません。ところが、大切なダイヤの表面はじっくり舐めまわすように見入ることがあります。結婚指輪も買ったばかりでうれしくて指にはまったその指輪をまじまじと眺めるという花嫁もいらっしゃいます。通常では気づかない色の変化にも敏感になります。ぶつけたりこすったり薬品に触れたわけでもないのに指輪のチタンの色が変わって見えたらどうでしょう?チタンが変色した?と思っても不思議はありません。しかしながらチタンを変質させるためには相当の炎や電圧が必要で身の回りのどんな薬品でも変質させることはできません、皮膚移植が必要になるような劇薬は別ですが。
変色の原因は、皮膜形成剤(ファンデーションに含まれる成分)
例えば素手で掴んで食べたドーナッツの揚げ油、アップルパイの生地のバター、ハンドクリームなどたくさん考えられます。そして最も顕著なのが女性の顔などに使用される皮膜形成剤です。カバー力の強い日焼け止め、保湿力の高いクリーム、吸着力が自慢のファンデーション下地。それらは食いつきが良いように配合されたクリーム状の皮膜形成剤です。しみを覆い隠す力を持っているのですからチタンカラーも覆い隠します。ダイヤの表面につけばダイヤモンドがくすみますし、チタンの色の反射を変えます。そして水で洗っても落ちないことが特徴です。顔をしっかりカバーするために簡単な汗くらいでは流れないように作られているからです。それらのバリアーを除去できればチタンの結婚指輪の輝きはもとにもどります。台所洗剤でもボディソープでも、微粒子の入らない透明なメイク落としでも落とせます。ミネラルファンデーションと呼ばれるものも、微粒子となった金属が含まれています。金属と聞くと異物とイメージしそうですが、からだの血液にも鉄や亜鉛が含まれているから生きていられます。
チタンは変色しません。燃え盛る暖炉にくべたり天津甘栗の製造機械に放り込まないかぎりは。

ファンデーションに含まれるヒマシ油や水添パーム油、ホホバ種子油などの資料
ケミカルな成分の解説資料

チタンを19年放置しても変色はありません

メイドインジャパンの純チタンであれば変色しません。チタニウムの表面はレインボーのように反射し、総合的に色が網膜に届いて色があると感じています。ジュエリー用拡大ルーペでじっくりとチタンの表面を観察してみます。
チタンの表面に適切な光源を当てて見てみると無数のレインボーが寄り集まって表面を形成しているのが見えます。これは印刷物を超拡大して接近してみると3原色の無数のドットの集まりで認識されている写真の拡大図のように見えます。反射は手のあぶらによってもとのチタンの色と違う色を網膜に返してきます。これが変色したと勘違いする要因です。新品のチタンも17年前に創られたチタンリングも当店のチタン商品に色の差はありません。変色したと思って見ている方は油分を取り除く、つまり油膜を除去すればもとの光の反射=色が網膜に映ります。チタンの表面は単に常温で空気に触れただけで変質することはありません。あえて酸化させるためには燃えるほどの高熱か、高電圧が必要になります。シルバーは放置しておくだけでいぶしたような古びた色に変わるのでそのイメージがあるのかもしれませんが、チタンが錆びるというのは錯覚です。
10年使いこんだチタンの指輪も、生活の細かい磨耗ダメージによって光はランダムに跳ね返されます。それによって新品のときとは違った反射の色に眼に映ります。これを一方向のマットな表面に磨き直せばまた新品のマット仕上げと同様の色、同様の印象に戻すことが容易にできます。そうした乱反射も使いこんだ味として楽しむこともできますし、メンテナンスで瞬時に取り戻すことも自由です。
当然ながら光沢のあるポリッシュ仕上げのチタンであれば、周りの部屋の色を指輪に反射させ移し込まれたものを私たちは物の色として認識します。明るさの違う部屋で同一のチタンリングを視たときにも変色したと錯覚しうるということです。

金属の色の正体

金属には艶があり光ります。これは、金属表面が鏡面仕上げした指輪の場合、光が跳ね返される反射が起こっています。もっと正確な表現なら、光は金属にいったん吸収されて、その直後に再放出をされるので、反射をしているのです。チタンの場合は、指輪表面の結晶のような被膜の厚みの違いによって、全ての波長を反射しないで一部の波長の光線を吸収するので、その結果、チタンは特定の色みを帯びて見えることになっています。 一方、シルバーの場合、ほぼすべての入射光を反射しますので、銀白色に見えています。(白色とは、可視光の波長が全て揃っている光の状態) 銅がピンクに見えたり、ゴールドがイエローに見えたり、タンタルが黒っぽく色づいて見える理由は、入射光の一部の波長の光をそれらの金属が吸収している事によって生まれる現象です。例えばチタンが青く見えるとき、それはチタンの表面に青い塗料が乗っているのではなく、青以外の光を吸収して跳ね返していない状態になっているということです。

資料*金属の光沢/化学結合 wiki

[page1]
[page2]
[page3]

知りたい なぜ コンテンツ

パッチテストはする必要ない

どの金属にアレルギー反応あるか知るまでもなく

キンバリープロセス

紛争ダイヤ禁輸と監視

エンゲージリングのサイズはきつめを選んで正解

結婚指輪とは違う、婚約指輪のサイズの選び方

チタンは変色するのですか?

チタンの表面の油膜の不思議

どの金属が一番高級なのですか?

チタン、ジルコニウム、コルタン?

レアメタルが採掘されるコンゴ民主共和国DRCでのコルタン鉱物紛争

コンフリクト ミネラル3TG(タンタル、すず、タングステン&ゴールド)をめぐる密輸と武器の資金

金属イオンって何?

イオンの発生と水分の不可欠な関係とバーチャルアレルギー

有害金属のパッチテスト

除外すべき皮膚検査、六価クロム、水銀、カドミウム、鉛

パッチテストの副作用

実験室の人工的なプラチナイオンとジュエリーの金属プラチナって同じじゃない?

皮膚科のパッチテストの金とジュエリーの金とはこう違う

パッチテストの金は塩化金から出来たイオン、ジュエリーの18Kやシャンパンゴールドは何から出来ているの?

パッチテストの陽性が出たら着けない方が良いジュエリーの具体的な金属対応表

判定が(+)(-)出たけれど具体的にどのジュエリーがだめで、どのアクセサリーなら大丈夫なの?

生涯着けるはずだった結婚指輪を着けなくなったのはどんなタイミング?

重い指輪ほど実際着けなくなる人が多かったのはなぜ

金属アレルギーと鉱泉に溶けているいろいろな金属イオン

温泉や天然鉱泉に溶けている天然のミネラルは金属イオンなので金属アレルギーになる可能性があります