日本人がまだ知らないMONUSCOとは:紛争が長く続くコンゴ民主共和国の平和維持と安定化のための国連軍機関による使節団のこと(フランスの頭字語であるMONUSCO

DRコンゴとPKO

民主共和国安定化派遣団(MONUSCO)による中央アフリカとコンゴ(旧ザイール)報告とコルタン

ゴールドの産地コンゴでの紛争と日本の共犯

武力による支配とコルタンやゴールドの利権

なぜコンゴ東部の紛争が20年も続くのですか?

コンゴ東部には外国反政府勢力、国内の反政府勢力や民兵を含む、少なくとも40の武装勢力が相互に、またコンゴ軍やルワンダ軍と戦闘しているため、紛争が20年間続いていると言われています。

なかなか紛争は治まらないのはどうしてですか?

世界最大級のPKOである国連コンゴ民主共和国安定化ミッション(MONUSCO)はコンゴ軍だけでなく、反政府勢力との「協力」を通して、「紛争」の長期化に加担しているという報道。例えば、インド軍のPKO要員はルワンダ反政府勢力(FDLR)を武装解除せず、国連の食糧配給をその反政府勢力に金(ゴールド)と引き換えに横流しをしていることが報道されました

BBC News)。また2009年に、コンゴ軍主導の対FDLRの掃討作戦が実施され、悪名の高かった作戦として知られています。それは、子ども兵士の徴集の容疑で国際刑事裁判所(ICC)に起訴されていたボスコ・ンタガンダというコンゴ軍の将軍(

)が本作戦を主導したからで、MONUSCOがその後方支援を担当していました。MONUSCOは、ンタガンダ将軍がこの掃討作戦を主導したことを否定したが、ンタガンダ将軍の関与が真実であれば、PKOは戦争犯罪人と協力していたことを意味しています。スキャンダラスな問題として報道(BBC)されました。

 このように政治的に敵対関係にあると信じられているアクターが、実は経済的サバイバル、天然資源の搾取や土地の支配のために、現地に混乱状態を意図的に長期化させ、そして相互の存在を活用しあい協力が生まれることがあるのだそうです。


紛争コルタンとそうでないコルタンを判別するには?

ドイツの科学者は、どのコルタンの産地が紛争地でないかを判別するための化学分析の方法を発見したと発表

特定の鉱山のコルタン試料には、科学的に分析するとそれぞれ固有の特性があると述べました。このことはコンゴ民主共和国の腐敗、暴力、その他のコルタンや他の鉱物資源との闘いの制限へと向かう可能性を持っています。

コンゴ民主共和国ってどんな国/外務省(Democratic Republic of the Congo)

経済概況

輸出品の約9割を鉱物資源が占めています。 鉱物資源に恵まれているにも関わらず、2014年の人間開発指数は187か国中187位でしたが、2015年は188か国中176位に。

資源がたくさんあって豊かなのに紛争が終わることの無い国があるのはどうして?資源をたくさん売っているのだからその分の収入があるはずではないの?なぜ無法地帯化しているの?普通は政府とか警察とか規制があってビジネスは公正に行われるものじゃないの?といった日本的な常識がまったくあてはまらない世界もあるのです。

旧ザイール
元ベルギー領

CSRとは

CSRとは Corporate=企業の
Social=社会的
Responsibility=責任

Response+Ability =対応能力
社会の様々な動きに対応し、それを経営に反映させていく責任。

環境

今世界中の自動車会社がしのぎを削って燃料電池車を開発しています。1,000 万円程度で燃料電池車を出すと、トヨタ、ホンダ、ダイムラークライスラーが発表してから、従来の自動車のエンジンに相当する”燃料電池スタック”と言われるエンジンの替わりの装置は、水を電気分解してできた水素を使って今度は電気分解の逆の反応をさせて水にする過程で電気を起こす装置ですが、これにプラチナが使われています。
スタックの能力1あたり約 20~40gが今の技術では必要です。それを約100kW ないし 150kW のスタックのパワーですので、最大の 40g使うとすると 100kWで400gです。150kW では 600gも使うわれますが10分の1にする技術を開発も進んでいます。1kW あたり 20~40gのところを1kW あたり2~4gにと。白金(プラチナ)、パラジウムという希少金属はロシアと南アフリカに極端に偏っています。ほんのわずかしか埋蔵がなく永久に採り続けられるものでもありません。そして代替金属の研究がなされ、低コスト燃料電池を実現、白金(プラチナ)を使わない新触媒が実用化されました。

白金代替触媒「カーボンアロイ触媒」

金とプラチナは世界で年間数tの生産がされていますが、35 万倍の負荷がかかっている貴金属です。

自動車に使用されるプラチナを例にとってみた場合プラチナは 35 万倍のリュックサックを背負っていますから、自動車の排ガス処理装置に使われている量はたった3gでも、35 万倍すると 1,050 ㎏となります。自動車1台で1tのエコロジカルリュックサックに詰まった背後霊を背負っています。

エコロジカルなリュック、環境負荷を背負っているということを忘れて、百貨店が開催する黄金展で900グラムの純金でできたキティちゃん像1500万円を鑑賞するとか、大黄金展で、ゴールドでできたウルトラセブン像や、金を安全通貨として財産として富として貯蓄し、投機の対象としてたくわえることと環境とを考えた時、代替金属やエシカルへの関心が待たれます。

工業化社会を支える鉱物資源はどうしても必要なので、誰かが掘らなければなりません。企業が利潤を上げることは当たり前ですが、先進国は途上国である資源産出国の状況、不都合な真実を無視するのではなくいかに負荷を少なくするかが課題です。
コルタンが汚れていても不買運動できない理由は何ですか?

知りたい金属&なぜ 疑問

パッチテストはする必要ない

どの金属にアレルギー反応あるか知るまでもなく

映画"ブラッドダイヤモンド"を観てダイヤをボイコットしますか?

紛争ダイヤ禁輸と監視とキンバリープロセスのその後

エンゲージリングのサイズはきつめを選んで正解

結婚指輪とは違う、婚約指輪のサイズの選び方

金属イオンって何?

接触性皮膚炎はチタンでは起こらない根拠とイオンの発生と水分の不可欠な関係とバーチャルアレルギーについて

地下鉱物はあとどれくらい採掘される?

アフリカコンゴ民主共和国の地下資源ハフニウム、タンタル

どうしてチタンが錆びると言う人と錆びないという人と意見が割れているのですか?

錆びの意味を「酸化」と捉える人と「劣化」ととらえてしまう人が居て混同されるから