チタンとはどれほどタフな金属なのか

プラチナとチタンを比べると海で塩水に浸かってどこまで耐えるかは同等。王水という何でもかんでも溶かす王様のような酸に浸けても実験結果は同等であるというのは周知の事実です。人体に無害という点での安心感、つまり生体親和性においても実際の医療現場においても優位性が認められチタンが優れています。

なるほどわかった金属の構造

金属がどれだけタフなのかは工業での有用性を探る上で産業によって研究が繰り返され現在のようなさまざまな金属が有効利用されています。そしてチタンは最も新規性、進歩性、有用性、優位性で群を抜き、塑性伸び豊かな材質として結婚指輪にも利用されています。