結婚指輪の材質のうち、どの金属が安全かを知るために有毒で苦痛を伴うパッチテストをわざわざ受ける必要がない理由 prodottocom

10種類の中から犯人の金属を見つけ出したとしても、結局のための安全策はチタンに行きつくからです。

ジュエリーを見に着けて皮膚にアレルギー症状が出ると自覚できているなら何もわざわざ皮膚科のパッチテストを受けるまでもなく、チタン製のジュエリーに変えるだけで症状は出なくて済みます。あえて皮膚がただれてしまうクロムや有毒なニッケルや重金属である水銀にデリケートな皮膚に接触させる必要はありません。テスト期間中かゆくなりつらいだけです。

パッチテストはわざわざ金属のアレルギー反応を起こさせて金属の種類がいったいどれなのか、つまり確信犯の特定をするテストです。結婚指輪の材質はたいてい合金で混ざり合っているものが使われているのですから、製法と含有物を専門的に特定して購入するのは専門家でないと敷居が高くなりますが、チタンであれば合金ではないのでまったく無害な金属と言えます。一般的な結婚指輪はなぜ合金として混ざり合っているかというと、純度が高いと柔らかく指にはめる日常の使用に耐えないからです。眺めて鑑賞するだけなら貴金属に問題はないのですが、指輪の材質に適うように純金や純プラチナの歪みや傷になる点を合金にすることで補強され市販されています。

目的がアクセサリー以外のパッチテストの場合

指輪やネックレスを着けてもいないのに、身体にアレルギー反応があり、日常使いのスプーンや包丁、お鍋やフライパンの材質に至るまで改善する目的であれば、パッチテストでニッケルが犯人であることをつきとめ、食生活でも、ニッケルを含有する豆類やチョコレートを摂取しないようにするとか、たとえば亜鉛のふくまれる牡蠣を食べないビールを飲まない、というのは有効な手段です。普段摂取しているミネラルウォーターには金属のイオン=ミネラルが溶けていますのでどのミネラルがアレルゲンなのかを知るためにパッチテストを行う人もいるでしょう。私たち人間は必要なミネラルを摂取しなければ生きては行けません。身のまわりの食器や調理器具にまでアレルギー対象を拡げるにあたってはステンレス製のお鍋をやめ、チタン製のフライパンで調理する生活に替えるといいと思います。ステンレス製の鍋にはニッケルが含有されていますので無害なチタンが推奨されています。ニッケルは鉄を錆びなくさせる目的で鉄にブレンドされステンレスとしてスプーン、水道の蛇口、ドアノブなどあらゆるところに使われます。銅にアレルギーがある方なら、10円玉を触る際手袋をする方もいます。アルミに反応があるならアルミの鍋をやめるといった方向になると思います。そしてチタン製の時計やピアスでも、肝心のピアスのポストがチタン製でなければ反応がでてしまいますし、腕時計本体がチタン製でも内蓋がステンレス製では症状がでてしまうケースもあります。皮膚に直接触れる指輪の内側さえチタンであれば大丈夫といった軽度のアレルギーの方もいます。

金属を汗や唾液が溶かすって本当?

金属を溶かすのは劇物に指定された強い酸ですが、汗にそのような強い成分があるというのは「誤」、金属イオンが発生するというのが「正」。
金属を溶解させるほど酸の強力な汗をかく特異体質がいるというのは勘違いです。金属単体ではイオン化しないので金属アレルギーは起こりえません。かならずイオン化には水分が必要です。つまり汗です。冬は汗をあまりかかないので、アレルギー症状が出ない、夏は金属アレルギーがひどくなるのはその水分のせいです。
歯科医の保険治療に戦後間もないこの国で使われてきた詰め物、かぶせものの保険適用になっていた金属は有毒な金属がブレンドされた合金「アマルガム」や「金銀パラジウム合金」、「ニッケルクロム合金」でした。昔使われていた合金は身体に悪い影響を与えることが近年わかって歯科でも金属除去の治療が進められています。有毒な水銀がアマルガムに。

アマルガムとは

液体状の水銀に、銀やスズなどの粉末を混ぜたペースト状のもので、”やわらかい物質”という(ギリシャ語が語源)意味。 歯を削った部分に詰めると、数分で固まる便利な素材として、アメリカでは100年にわたって使用され、安価で扱いやすいため日本国内でも、1980年代までは一般的に使われてきた素材です。現在ドイツ、スウェーデン、 ノルウェーではアマルガムは使用を禁止している金属です。

パラジウム合金とは

金、銀、銅、パラジウム、亜鉛、インジウム、 イリジウム、すずがパラジウム合金に含まれています。ジュエリーにもパラ割という硬いプラチナがあり、パラジウム含有の結婚指輪もあります。

国内では、金属に代わる詰め物としてまっ白なジルコニウムの焼結態セラミックが使われています。

そもそもなぜ歯科に柔らかい金銀だったのか?

歯の詰め物に銀歯というのがあります。歯科によれば、関西方面では金歯もあるそうです。そもそもとてもやわらかい銀をなぜ歯科治療に用いるのか、そこにはブレンドして硬くし、噛んでも耐えられる耐久性が必要になり、有毒な金属の合金が使われてしまった、口内に残っているということ。

海外で購入するマリッジリングにニッケル

ニッケルが有毒で日本国内のホワイトゴールドには使わないのに、海外のホワイトゴールドに、混ざっていたりします。オーストラリアで購入したホワイトゴールドに刻印入れをした際、打刻された面が国内のものと違う緩衝作用が現れました。

知りたい なぜ コンテンツ

パッチテストはする必要ない

どの金属にアレルギー反応あるか知るまでもなく

キンバリープロセス

紛争ダイヤ禁輸と監視
紛争ダイヤとアフリカとブラッドダイヤモンドその後どうなったのか

エンゲージリングのサイズはきつめを選んで正解

結婚指輪とは違う、婚約指輪のサイズの選び方

チタンは変色するのですか?

チタンの表面の油膜の不思議

どの金属が一番高級なのですか?

チタン、ジルコニウム、コルタン?

レアメタルが採掘されるコンゴ民主共和国DRCでのコルタン鉱物紛争

コンフリクト ミネラル3TG(タンタル、すず、タングステン&ゴールド)をめぐる密輸と武器の資金

金属イオンって何?

イオンの発生と水分の不可欠な関係とバーチャルアレルギー

有害金属のパッチテスト

除外すべき皮膚検査、六価クロム、水銀、カドミウム、鉛

パッチテストの副作用

実験室の人工的なプラチナイオンとジュエリーの金属プラチナって同じじゃない?

皮膚科のパッチテストの金とジュエリーの金とはこう違う

パッチテストの金は塩化金から出来たイオン、ジュエリーの18Kやシャンパンゴールドは何から出来ているの?

パッチテストの陽性が出たら着けない方が良いジュエリーの具体的な金属対応表

判定が(+)(-)出たけれど具体的にどのジュエリーがだめで、どのアクセサリーなら大丈夫なの?

チタンとはどんな金属?

化学的にチタンと同等のプラチナ、ゴールドとの貴な性質上の比較

金属アレルギーと鉱泉に溶けているいろいろな金属イオン

温泉や天然鉱泉に溶けている天然のミネラルは金属イオンなので金属アレルギーになる可能性があります

[*ステンレスとチョコレートの関係]についてこちらを参照しました海外では花粉よりも深刻な金属アレルギー