プラチナに欠けている強度をチタンで補完するとは?

強さ、硬度、耐久性という結婚指輪の材質としてみた場合、白金(ハードプラチナPt850 )をはるかにしのぐ優れた金属であり、実用に耐え、傷つきにくい。白金が歪んでしまって真円が保てない点をチタンで補完することができます。比較するとプラチナの半分以下の細さでチタンなら同等の強度を持つのでプラチナにできないような極細の華奢な結婚指輪も実現出来ることになります。

結婚20年を経た夫婦へのアンケートでは、昔流行った極太のデザインを主張したプラチナの結婚指輪を現在も着け続けている夫婦は全体の10%以下で、ほとんどの人が重たいので着けなくなったと回答している。指であっても鉄アレーの筋肉トレーニングの重りのように、ずっしりとしたプラチナ製よりも、軽快で着けていることを忘れるチタンの方が指への装着感の負担が少ないため着け心地が楽であり、永く着けられることが明らかとなった。