3TGとはタンタルのT、スズのT、タングステンのTの3つのT+ゴールドのGで3×T+Gの略です

レアメタルの恩恵を受けながら、レアメタルがどこから採掘され、どうやって掘られ、どう精錬されるのか、日本のメディアではほとんど報道されません。タンタルが戦争に絡んだ資源だとは報道されたくないからです。かつて象牙やダイヤだったものが現在はタンタルの原料の鉱山の利権争いです。
鉱物(ミネラル)資源の豊富なアフリカですが、特にコンゴ民主共和国(昔のザイール)では、タンタル、錫(すず)、金、コバルト、ダイヤモンドなどの資源をめぐって、紛争が長く続いています。 コンゴ民主共和国のレアメタルの鉱山をめぐって、強制労働、人権侵害、虐殺、児童労働による採掘、資源の非合法な密輸は、武器への資金源となって、政府軍の汚職と反乱武装勢力の内紛を助長することに繋がっています。つまりレアメタルの需要が増えれば増えるほど紛争を長引かせているという戦争経済が回っています。

国際社会にはかつてオイル戦争というものがありました。象牙問題がありました。今は象牙の輸入はワシントン条約で厳しく禁じられ、象牙のハンコが新しく流通することも無くなりました。今はタンタル紛争と呼ばれる鉱物戦争です。ゴールドの産地はアフリカだけではなく、中国で産出しますが、タンタル原料のコルタンはDRC(コンゴ民主共和国)から来ます。日本に居てもこのタンタルがどこからどうやって来ているかを知る必要があります。武器弾薬の資金源になり、コンゴで人権侵害が深刻化しているということを。そしてその犠牲になっているコンゴの地元のひとたちがおおぜいいる現実と、レアメタルはすでに日本で埋められている不燃ごみの山の中に豊富に眠っている、タンタルはリサイクルされなければならないという現実。そしてデジタル機器に使用されるタンタル紛争を明るみに導いたのも携帯やラップトップによるものだという矛盾。そしてこの考えはどこか”毛皮反対”やクジラ反対にも似ている気がしてくるのです。

米国ドッド・フランク法が制定されました。第 1502 条では、製造メーカーに対し、コンゴ民主共和国 (DRC) またはその周辺の紛争地域で採掘された 3TG 鉱物 (スズ、タンタル、タングステンおよび金) を自社の製品に使用する場合に、その情報を特定し、米国証券取引委員会 (SEC) に開示することを定めています。

デモクラティック リパブリック コンゴFungamwaka鉱山の実態の動画「Coltan: Conflict minerals in Congo 」- コンゴ東部にフンガムワカという鉱山があります 。携帯電話の生産に欠かせない鉱業用コルタン(=タンタル)の産地です。コンゴ民主共和国は、この希少な鉱物レアメタル「タンタル」の世界第2位の原産国です。
先進国はただ単に不買運動をすれば解決する問題ではありません。現地の人は収入を鉱山に依存しているからです。
ファンガムワカは合法的に活動するモデル鉱山です。児童労働はなく、州の管理が行われ、納税も行われます。資源の密輸による資金調達する民兵団は存在していません。長く続く内戦は、コンゴ東部で最大の問題であり、鉱物資源と大きく関わっています。鉱山の90%は、遠隔の国境地域の小規模鉱夫によって管理されています。エルドーラドは、反政府グループにより収益を搾取され、ルワンダなどの近隣諸国を経由して世界市場に販売されます。スズの価格は地方の首都で1キロに5ユーロに下がりコルタン価格はまだ20ユーロとなっています。そのため、Misereorのような組織は、原材料から最終製品までのサプライチェーン全体で人権基準が維持され、そのコストをカバーすることを法的に義務付けられなければならないと長年要求してきました。この動画のフンガムワカ鉱山では、報酬は管理職のみしか支払われず鉱夫に行き渡らないのが現実です。

*「日本に入ってくるタンタルも第三国経由のコンゴ産である可能性がぬぐいきれない」という専門家の指摘

コンフリクト フリーのレアメタル
Conflict Minerals, Rebels and Child Soldiers in Congo

携帯電話を持つとアフリカの紛争に肩入れする?/ニューズウィーク日本版

グーグル、アップル、インテル、その他のハイテク企業が明らかにしたこと。コンゴ民主共和国とその周辺国における紛争の武器調達の資金源となったレアメタル鉱物資源が、デジカメや携帯などの製造に使用されている可能性があるということ。コンゴ東部は毎日が戦争と性的暴力により危機的な状況にあります。 2010年「ドッド・フランク法」によって焦点を当てられたことで、戦争に絡んだ資源は買わないという意思表示が大企業によってなされるようになりました。今では、紛争レアメタルを使用する数千の米上場企業に対し入手ルートを詳述した年次報告書の開示が義務付けられました。「3TG」として知られている電子工学製品で知られるタングステン、錫、タンタルおよび金はおもにコンゴ民主共和国および中央アフリカ周辺国で採鉱されています。武力紛争による犠牲者数は第二次世界大戦以来、最悪にのぼっています。2010年に追跡し始めたアップルは、紛争鉱物を使用していない製品は80%であると発表しました。しかし、Google 、Apple はそれが決定的に他のサプライヤーにそれらを使用されているかどうか十分に把握できていないとしました。その一方でインテルは、マイクロプロセッサとチップセットは、紛争フリーであると述べたが、それは他の製品の紛争状態を決定することができませんでした。Amazon は、その kindle のパイプラインに貢献するサプライヤーの "過半数" は、紛争鉱物を使用していないと述べた。開示を行ったすべての企業は基準に準拠しない疑わしいサプライヤーに対し圧力をかけるとしました。 報告書によれば、ハイテク企業は少なくとも内紛地域からの原料による製品でないことを主張していますが、実践的なレベルでそのようなイニシアティブを実施することは難しいと指摘しています。ウォールストリートジャーナル紙によると、紛争鉱物の認識が高まったにもかかわらず、この地域を完全に放棄することを熱望している人はいないが、コンゴ民主共和国は2013年に実際にタンタル生産のシェアが増加した。一部の企業は、(鉱物)ミネラル採掘を続行すると主張している。Appleは人権侵害と(紛争)コンフリクトとの関わりがないと確認された製錬所を明らかにするとしています。

左タンタル 中シルバー 右チタン タンタルとシルバーとチタンの指輪

blog

知りたい なぜ コンテンツ

パッチテストはする必要ない

どの金属にアレルギー反応あるか知るまでもなく

キンバリープロセス

紛争ダイヤ禁輸と監視

エンゲージリングのサイズはきつめを選んで正解

結婚指輪とは違う、婚約指輪のサイズの選び方

チタンは変色するのですか?

チタンの表面の油膜の不思議

どの金属が一番高級なのですか?

チタン、ジルコニウム、コルタン?

レアメタルが採掘されるコンゴ民主共和国DRCでのコルタン(コロンバイトとタンタライトの略語)鉱物紛争

コンフリクト ミネラル3TG(タンタル、すず、タングステン&ゴールド)をめぐる密輸と武器の資金

金属イオンって何?

イオンの発生と水分の不可欠な関係とバーチャルアレルギー

有害金属のパッチテスト もうやめよう

除外すべき皮膚検査、六価クロム、水銀、カドミウム、鉛

パッチテストの副作用

実験室の人工的なプラチナイオンとジュエリーの金属プラチナって同じじゃない?

皮膚科のパッチテストの金とジュエリーの金とはこう違う

パッチテストの金は塩化金から出来たイオン、ジュエリーの18Kやシャンパンゴールドは何から出来ているの?

パッチテストの陽性が出たら着けない方が良いジュエリーの具体的な金属対応表

判定が(+)(-)出たけれど具体的にどのジュエリーがだめで、どのアクセサリーなら大丈夫なの?

生涯着けるはずだった結婚指輪を着けなくなるのはどんなタイミング?

重い指輪ほど実際着けなくなる人が多いのはなぜ?

金属アレルギーと鉱泉に溶けているいろいろな金属イオン

温泉や天然鉱泉に溶けている天然のミネラルは金属イオンなので金属アレルギーになる可能性があります