チタン素材やプラチナ素材、金属の熱の伝わり方が違うのは、金属を構成する電子の動きやすさの違いで、金属によって陽イオンの並び方が決まっているそうです。その陽イオンの並び方がどう表に出るかによって金属個々の光沢が違って見えているのだそうです。陽イオンたちは、ブロックが集まったような結晶のようになっていて、それぞれ金属によって、微妙に違っているので、反射がにぶい、暗い金属や白っぽく見える金属などがあるのですね。

なるほどわかった金属の構造

熱伝導と電気抵抗は自由電子の動きやすいか動きにくいかの違いによるので、電気を通しにくい金属は熱も伝わり易いです。確かに銀のラーメン鉢がないのは、熱くなりやすくて手で持てないので、作られないのですね。電気もびりっと通り易いです。チタンはじんわり伝わります。だから身に着けてひやっとした感触がなく肌にやわらかな温度なのでしょう。