骨が折れたらチタンプレートとチタンボルトそれともチタンの人工関節

骨折してチタンプレートを入れたりするだけでなく、チタン製の人工関節を入れて再び自由に歩けるようになっている人がまわりにもたくさん居てチタンを埋め込んでいる人っていっぱいいることに驚かされます。

大腿骨の細くなっている部分を転んで骨折した場合、骨を補強するプレートもチタン製ですし、そこに入れるスクリューもチタン製のボルトが使われています。大腿骨頸部骨折というそうです。そのほかに人工関節への置換術も多くなっています。

骨はチタンほど硬くありません。チタンを使う理由は骨の替わりになる強度よりも、人体に無害で安全という面が一番信頼されている実績を積んだ金属だからです。

チタンの結婚指輪が普及してまだ20年経っていなくとも、チタンの骨折プレートは20年前から普及していました。医学の進歩から安全性のデーターが積みあがり、皮膚科でチタンピアスが広まりました。金属アレルギーへの安全性も証明広くされてゆき、結婚指輪へと知られていきました。

知りたい なぜ コンテンツ

パッチテストはする必要ない

どの金属にアレルギー反応あるか知るまでもなく

エンゲージリングのサイズはきつめを選んで正解

結婚指輪とは違う、婚約指輪のサイズの選び方

チタンは変色するのですか?

チタンの表面の油膜の不思議

どの金属が一番高級なのですか?

チタン、ジルコニウム、タンレス?

コルタンが採掘されるコンゴ民主共和国DRCでの鉱物紛争

コンフリクト ミネラル3TG(タンタル、すず、タングステン&ゴールド)をめぐる密輸と武器の資金

金属イオンって何?

イオンの発生と水分の不可欠な関係とバーチャルアレルギー

有害金属のパッチテスト

水銀、カドミウム、鉛