反政府武力勢力が武器とダイヤを引き換えに不正なルートで取引を行い、ダイヤモンドが武力の資金源になっていたのがいわゆる「紛争ダイヤ」 prodottocom

キンバリープロセス The Kimberley Process

ダイヤモンド採掘を舞台にした映画「ブラッドダイヤモンド」のように紛争の資金源にならない正規ルートでダイヤモンドが取引されるために

アフリカのコンゴと紛争とマイナーメタル アフリカ産タンタルとハフニウム

ダイヤモンドのトレーディングといえばベルギーのアントワープですが、ダイヤモンドの出どころ、身元をたどればアフリカにいきつきます。映画「ブラッドダイヤモンド」のプロデューサーを含む人道団体による尽力、議員へのロビー活動から国連を動かしました。密輸ルートのダイヤは国連会議により熱く議論され、不正なラフダイヤ(ダイヤの原石)の禁輸が決議され、イーグルアイのように厳格な監視の眼で流通を監督下に置き制御したのがKP(キンバリープロセス)です。KPにより、ダイヤの密輸やマネーロンダリング、ダイヤモンド鉱山労働者の人権侵害など不透明性は排除され、各々のダイヤには身元保証されたバーコードが付与され、クリーンなダイヤのみが取引きされます。かつてブラッドダイヤモンドの強いイメージだったアフリカのシエラレオネには、銃を持たされた少年反乱軍ではなく警察官が居ますし、空腹の難民ではなく活気ある市場の貿易業者が居ます。ダイヤモンド鉱山へ外国からの投資ブームが起こり、道路や新しい住宅でも出来、小さな島々と国家の税収は増加しています。

錫、タンタル、タングステン、金、ダイヤモンドの輸入元であるコンゴ民主共和国the Democratic Republic of Congo に関して特に組織的な違反が問題になっています。アフリカに遠い日本ではあまり報道されませんがコンゴといってもコンゴは2つあり、コンゴ共和国とコンゴ民主共和国。コンゴ川の流れるアフリカの真ん中の盆地がコンゴ民主共和国です。スーダンというのも南スーダンとスーダンの2つがあるように、お国が違います。コンゴ民主共和国のダイヤモンド生産量は外務省によれば世界第2位 

https://pbs.twimg.com/media/DhHasvgVMAAOVe6.jpg

*資料外務省コンゴ民主共和国

*資料 世界のダイヤモンド鉱山World Mine Production and Reserves: アメリカ地質調査所


810億ドルのダイヤモンドジュエリー産業を混乱させる「ダイヤモンドの意味」

血塗られていない最もクリーンなのはメードインラボダイヤモンド?キュービックジルコニア?

天然ダイヤモンドにはつきまとう物語が多すぎるから嫌なのだとおっしゃって、結婚指輪にジルコニアを使ったお客様が20年前にいらっしゃいました。当時はまだMade in ラボのダイヤモンドはなく、合成のキュービックジルコニアでした。その時は私は紛争ダイヤに対して無知で、世の中にはいろいろな考えの方がいらっしゃるのだなと思っただけでした。今、想い起こせばその方は紛争ダイヤのことをよくご存じだったのだと思います。天然が良くて人造が悪いというのも宝飾業界が刷り込みたい希少性を尺度にするダイヤモンド優位性のイメージです。ダイヤ鉱山での採掘は大きな環境破壊を起しています。ダイヤは地球からの贈り物と言いながら地球を壊して採掘しているのです。地球にぼっかりと特撮かと見まがうばかりの巨大な穴を空け、地球の裏まで到達するかと思えるほど掘っています。
地中にあれば問題ない地質も地表に暴露されることで発する自然由来の有害な硫化鉱物や水銀が蒸発し、河川を経て海洋を汚染し、マグロに凝縮され日本人の口に入るということを、妊婦としてマグロ、ツナから水銀を摂取しないよう警鐘を鳴らされなければ知らないままだったでしょう。今では天然ダイヤと成分の違わないラボグローンダイヤが炭素蒸着とプラズマ反応で作られています。
2018年ノーベル平和賞を受賞したコンゴ民主共和国の医師ムクウェゲ氏はコンゴ民主共和国のことを鍵のかからない、扉の閉まらないジュエリーストアーに例えて言っています。金、ダイヤモンド、コルタンという宝がそこかしこに埋まっている国コンゴ(民)。ダイヤモンドも金も武力で自国からも他国からも収奪される村の住民の犠牲の上に成り立っています。

ダイヤモンドも地球にやさしくない天然ものと
地球にやさしいラボ養殖もの

メードインラボダイヤモンドとキュービックジルコニアは違うのですか?

デビアスDe Beersは地球から誕生したダイヤモンドだけが身に着ける価値があると顧客に説いてきましたが、2018ラボで産み出された『地球にやさしい人造ダイヤモンド』の販売に転換を発表しました。この”Lab-Grown Diamonds”は、キュービックジルコニアなどの模造ダイヤとは異なり、天然ダイヤモンドと同じ物理的特性と化学的組成を有します。マイクロ波室に置かれたカーボンシードから作られ、熱くなったプラズマ球に過熱されます。この数週間のプロセスにより最終的にダイヤモンドに結晶化できる粒子が生成されます。ラボで育てられ生まれたメードインラボのダイヤと採掘された天然ダイヤを判別するには専用の機械を要します。生れ方が違うだけで質は同じダイヤモンド。養殖マグロを偽物マグロとは呼ばないように、ラボグロウンダイヤは模造ダイヤキュービックジルコニアとは違います、そして完璧にブラッドダイヤではない紛争フリー100%ダイヤだということ。

*資料ブルームバーグ2018デビアス人造ダイヤLab-Grown Diamondsを販売へ価格は天然の10分の1
 ラボグロウンダイヤなら、武装グループの資金源になる心配もゼロになります。

資料*デビアスデビアス社から発売になったのラボグロウンダイヤモンドのジュエリー販売サイト

混同しがちな価格比較
天然ダイヤにはグレードがあります。自然由来の石には色もついていたり、他の鉱石が混ざったり同じものがひとつとしてありません。それに対し、ラボグロウンダイヤは宝飾用もあれば、切削カッターの刃先に使う工業用ダイヤも住友電工でスミダイヤ、スミクリスタルとして色を付けられて流通させています。ダイヤは切削の際の熱にも強く、需要の多い材料です。工業用ダイヤとジュエリーのダイヤを混同するひとがいます。どのグレードの天然ものと比較するかです。従って養殖物よりも天然ダイヤの方が安い場合もあるのです。

ダイヤモンドの起源を保証したい

ブラッドダイヤモンドで主演したレオナルドディカプリオは環境問題にも熱心で国連でスピーチするなど活動家としても知られていますが、ディカプリオ氏が関わるラボグロウンダイヤモンドもあります。100%ダイヤモンドの紛争ダイヤではないという起源を保証したいならばラボ育ちのエシカルなダイヤという選択も。

ラボ育ちの完璧に安全なダイヤDIAMOND FOUNDRY

ダイヤのランキングはDから始まるのはなぜ?

ラボで育ったか、鉱山から掘られたダイヤか、どう比べますか?天然由来の石にはグレードがあります。ダイヤモンドはAランクBランクCランクという言い方をしません。DランクがTOP。ダイヤのDだと覚えやすいのですが、ABCにしなかったわけは、GIAの都合だったということ、それからAのさらに上級にAAAとかA+++といった表現があるように、天然のものを表現するのだからDで始めておいて、未来のために余力を残したという含みのある解釈をするひとも。

ラボで育てれば最高級ランクDのダイヤが作れるかというと、そうでもありません。そしてカットの手間、技術も大きさも関係します。いちがいに、ラボだから安い、天然だと高いとはなりません。むしろ天然ダイヤの方が価格が安い場合もあります。天然の場合には、天然成分の鉱物が混入していればランクは下がります。インクルージョンが入ればいかにも天然ダイヤらしいともとれます。Hランクの天然ダイヤとラボグロウンダイヤを比べれば、天然の方が安いという場合もありうることになります。

婚約指輪のキラキラ輝くダイヤの国内輸入にはキンバリープロセスの対象外!

ラボグロウンダイヤモンドは天然ダイヤと変わらない特性から、研磨委託国や販売マーケットにおける天然ダイヤモンドとの混在がかねて問題となっていました

完全無欠ではないキンバリープロセスは、供給側の倫理観にだけ頼ったものでした。(ただしこれは輝いていない原石を対象としています。キラキラ輝くの婚約指輪の上に留まる加工済みダイヤモンドの輸入にはキンバリープロセスは対象外です。*資料K参照)原石を輸入する産地を明らかにすることは、人造ダイヤと見分けるためにもさらに必要とされます。コンゴ民主共和国北部では、いまだにコンフリクトミネラルへの監視が行き届かない金鉱山が存在しています。消費者市民として、武装グループの資金に加担しないために何ができるでしょうか。権力やスポンサーに都合が悪いことを言えない新聞テレビのように、宝飾に都合の良くないことを言わないメディアに惑わされたままではいられません。紛争ダイヤに無関心ではなく、ダイヤがどこからどうやって来るのかを業者さんに聞きたくなるような人がひとりでも増えることを願って、ジュエリー屋さんが書けないような記事をあえて書いています!(・・・そのせいでなのか、当サイトはダイヤモンドのルースショップではないにも関わらず、これからダイヤモンドを初購入するご予定の方からのご質問が頻繁に寄せられております。一般の方はこんなにも混同されているのだなとこちらも勉強になります。反響はうれしいのですが、本業は指輪のオーダーメイドですので、すべての方へお応えしきれませんのでまずご質問になる前に、どうぞこのページに*資料として載せている各リンクに飛んでみてください。助けになると思います。)

ダイヤモンド原石からエンゲージリングになるまでの道のり

GIA宝石ジェモロジカルインスティテュートオブアメリカでは、ダイヤモンドの起源を追跡できるよう身元保証のバーコードを提供しています。これはエンドユーザーが照会できるようになっています。
鉱業会社により密封された袋に GIAのもとへラフダイヤモンドのドキュメントが送信されます。その後、ダイヤの原石の形態、分光、結晶成長構造からデータを収集し、シリアル番号が付与されます。原石=ラフダイヤがカッティングの工程へ進み研磨されたダイヤモンドは、シリアル番号とともに、4Cのグレーディングのために GIA に再送信されます。その後、GIA は各石を調べて、キャプチャされた特性が原石のデータと一致するかどうかを確認します。
*ご注意:ラフダイヤモンド=原石とは研磨前の石、お店に並んでいるキラキラのエンゲージリングになるダイヤモンドとは違う扱いになります。ダイヤとは、炭素の結晶化した石で、宝飾用と工業用があります。ダイヤモンドは当工房でも切削機械や研磨材としても使う身近な材料でもあります。ダイソーで手に入る工具にもダイヤモンドが使われています。
ラフダイヤのラフは原石、きらきらになるまえの採れた石の姿を指します。*GIAと中央宝石研究所は鑑定する機関でありジュエリーショップではありません。

*資料GIAM2M program GIA

“The M2M program is a way to share with the consumer the story of our diamonds,” said Sergey Ivanov, CEO of Alrosa. “The creation of tracing systems is an important step in confirming diamond provenance, which will have benefits for industry participants, retailers and ultimately retail consumers. Alrosa is examining different tracing solutions available on the market to provide consumers with supreme confidence and knowledge.”
Consumers are exhibiting greater interest in the origin of the diamonds they purchase. The M2M program allows the retailer, and ultimately the consumer, to trace the journey of a diamond, adding to its story at each point along the value chain.

キンバリープロセスによる経済産業省

ダイヤモンドの不正取引が世界各地の紛争の資金源になっている状況に鑑み、不正に取得されたダイヤモンド原石の輸出入を規制する国際的な証明制度「キンバリー・プロセス証明制度」の書類を提出しないと原石に対しては輸入が承認されません。ただし研磨された婚約指輪用の宝飾ダイヤは対象外で輸入されます。
ダイヤモンド原石の輸出入に際し、① 船積地域に係る国又は地域において発行された当該ダイヤモンド原石が当該制度に基づき取り扱われたものであることを証する書類(以下「キンバリー・プロセス証明書」)が添付されていること、② ダイヤモンド原石の輸出入が密封された容器にて行われること、③ 非参加国への輸出入を行わないことが義務とされています。

*資料K 経産省ダイヤモンド原石の国内への輸入

ただし、混同されがちなのですが、婚約指輪の主役のキラキラのダイヤモンドは研磨された商品になったダイヤはベルギーのアントワープ、インドから輸入されています。旧ザイール=コンゴ民主共和国はベルギーの植民地でした。

中央宝石研究所

*ダイヤモンドの鉱石 *資料キンバーライト

資料*世界のダイヤモンド鉱山 地球にできた巨大な穴
巨大な産業と人の営みを視覚化されると逆に照射される人の欲望がまるで「位相ー大地」の作品のよう。ダイヤモンドに限らず銅を掘り出す鉱山。巨大な流通市場経済のなかに居て、みながその受益者であってもビジュアルで巨大な穴を魅せられると、その価値というものに戸惑います。

資料*モノ派現代美術作家/関根伸夫 [位相-大地]それまでの芸術は人の手で作ったものの出来栄えを表現ととらえるようなアートだったのに対し、ものとものの状態は在り様や空間、存在に焦点を当てた作品。

MONUSCO coltan mines画像


紛争レアメタルの中でもコルタンがコンゴの紛争の中心となっている現状。そして不買運動というボイコットが坑夫として働く現地の人たちの職を失わせることにも繋がってしまう点も指摘されています。

深海に眠る資源を開拓するアイデアと戦略

外部資料*ブラックレアメタルの代表がタンタル「紛争鉱物」は偽装されて世界中に流通している/岡部徹教授

知りたい なぜ コンテンツ

パッチテストはする必要ない

どの金属にアレルギー反応あるか知るまでもなく

キンバリープロセス

紛争ダイヤ禁輸と監視

映画ブラッドダイヤモンドを観てダイヤモンドをボイコットしますか?

エンゲージリングのサイズはきつめを選んで正解

結婚指輪とは違う、婚約指輪のサイズの選び方

チタンは変色するのですか?

チタンの表面の油膜の不思議

どの金属が一番高級なのですか?

チタン、ジルコニウム、コルタン?

レアメタルが採掘されるコンゴ民主共和国DRCでのコルタン鉱物紛争

コンフリクト ミネラル3TG(タンタル、すず、タングステン&ゴールド)Dodd-Frank

金属イオンって何?

イオンの発生と水分の不可欠な関係とバーチャルアレルギー

地下鉱物はあとどれくらい採掘される?

アフリカの地下資源レアメタルmines

有害金属のパッチテスト

除外すべき皮膚検査、六価クロム、水銀、カドミウム、鉛

パッチテストの副作用

実験室の人工的なプラチナイオンとジュエリーの金属プラチナって同じじゃない?

pHとは?

皮膚科のパッチテストの金とジュエリーの金とはこう違う

パッチテストの金は塩化金から出来たイオン、ジュエリーの18Kやシャンパンゴールドは何から出来ているの?

パッチテストの陽性が出たら着けない方が良いジュエリーの具体的な金属対応表

判定が(+)(-)出たけれど具体的にどのジュエリーがだめで、どのアクセサリーなら大丈夫なの?

金属アレルギーと鉱泉に溶けているいろいろな金属イオン

温泉や天然鉱泉に溶けている天然のミネラルは金属イオンなので金属アレルギーになる可能性があります

生涯着けるはずだった結婚指輪を着けなくなるのはどんなタイミング?

重い指輪ほど実際着けなくなる人が多いのはなぜ?

 天然ダイヤと人工ダイヤ

天然ダイヤと全く成分の変わらない人工ダイヤが開発されましたが、判別するには機械を通す必要があります。コストとの関係から天然ダイヤが値崩れするのか暴落するのか、価値に対し棲み分けがなされることと思います。