NEXT
ゴールデンリーフ ダイヤ入り チタンリング制作例
 

チタン+ダイヤを埋め込むアレンジ






指輪の肉厚について
ダイヤの直径により、そのぶんの厚みを要します。
直径2mmのダイヤを入れる場合は通常のgoldenleafより肉厚に作る必要があります。
直径1.75mmならダイヤなしと同等の厚みでお作りできます。

チタンリング
 home  | 刻印ペンダント | シルバーチェーン | シルバーブレスレット、チタンバングル | ピアス | ご注文フォーム 
指輪 |オーダーメイドのしかた | 指輪サイズ 攻略法 | ショップ営業日+コンセプト+news  |
 指輪の意味と質問集 | 金属アレルギーのしくみとチタン | 通販表示 |  デザイナーprofile | お問い合わせフォーム | 
チタンの特性
  | 制作方法とお見積もり | 新素材| 地図 | 最近の結婚指輪 | チタンチェーン | サイトマップ |

オーダー例/ 結婚指輪 など

結婚指輪のオーダーメイド作例:
ゴールデンリーフのチタン職人によるアレンジ
チタンの指輪

ゴールデンリーフ(通常は1.1mm程度の厚み)にラインを加えるアレンジ例 : 甲丸(角を落としたかまぼこ型)になっているゴールデンリーフに対し、平打ち(たいらなままの面)にハンマー痕を残し、斜めに入るリーフと水平のラインをクロスさせるように、チタン職人がひとつひとつのバランスをとりながらハンドメイドで彫刻してあります。

チタンリングにダイヤを入れるアレンジする場合、
極小の約1mm小粒ダイヤを入れる場合は通常の厚み
直径2mmダイヤを埋め込む分の肉厚を要します。